「お金の学校」夏休み版・受講募集!

「お金の学校」夏休み版・受講募集!

いよいよ夏ですね この夏、女性ファッションではストンとした“I”ラインや、ウエストを絞った“X”ラインが人気だそうです。 では、経済はいま、アルファベットで例えると何でしょう ① U字経済 ② E字経済 ③ K字経済 正解は、③K字経済。 富裕層と貧困層など、経済の二極化が進む状態です。所得階層別に収入や貯蓄の増減などをグラフ化すると、上下に開くK字を描くことから名付けられています。...
中国の「寝そべり族」、日本の「さとり世代」

中国の「寝そべり族」、日本の「さとり世代」

「寝そべり族」を知っていますか中国では今、向上心がなく消費もしない、寝そべって人生を送る若者が急増しているそうです。競争激化や生活コストが高くなる中で疲れ果てた結果、目標を下げ、欲望を減らしリラックスして生きることを正義としています 日本の「さとり世代」に近いと感じませんか さとり世代は、バブル崩壊後に生まれ好景気を知りません。物心ついたときからネットがあるため実体験なくして現実を知っている気になり、「さとりを開いているかのよう」に無駄な努力を避け物欲が極端に低い世代です...
経済の体温計「消費者物価指数」

経済の体温計「消費者物価指数」

最近、入店の際など何かと体温を測ることが増えました。自分の体温の変化や基礎体温を知る機会にもなっていますね 先日「経済の体温計」とも呼ばれる「消費者物価指数」が発表されました。米国やEU、英国等各国が指数を上昇させているなか、日本は−0.1%と、相変わらずの低下が続いています。 体の話に戻ると、体温が1度上がると代謝が上がり免疫力が5、6倍アップするそうです。50年前の日本人の平均基礎体温は約36.89度。現代は36.14度。約0.7度も低下しており、そのためアレルギーや癌など、さまざまな病気が増えているとも考えられています...
電子書籍『OTOGAKU:大人が通う服装の学校マガジン』発売!

電子書籍『OTOGAKU:大人が通う服装の学校マガジン』発売!

みなさんは毎日どんな服を着ていますか?服装や髪型、印象について学んだことはありますか❓ コロナ禍で外出や出社の機会が減りファッションは人の視線から離れることで、“流行”よりも、より自分自身のリラックスであったり、パフォーマンスを上げるためのもであったりと変化しています。 私たち㈱C.Iでは、もっと自分を磨きたい人たちが増えることで、より経済がよくなるだろうという想いのもと、服に興味のある方も、服の苦手な方もサポートするオンラインコミュニティ『大人が通う服装の学校』を展開しています。...
インスタグラム[「お金の学校」始めました!

インスタグラム[「お金の学校」始めました!

みなさん「日本人は勤勉」というイメージを今も持っていますか? それは大きな間違い!日本人の大人は世界一勉強しないということが調査で明らかだそうです。社会人の平均勉強時間は一日6分だとか…。大人である自分たちが勉強せずに、子どもに「勉強しなさい!」と言えるでしょうか❓自分たちが学ばずして子どもたちに社会や経済や人生のことを教えられるでしょうか❓...
インフレ・デフレどっちが嬉しい?

インフレ・デフレどっちが嬉しい?

【インフレ・デフレどっちが嬉しい?】 昔は1個10円だったチロルチョコ、今は20円か…。缶コーヒーを買おうと思ったけど100円玉しかなくて買えない…。なんだかいつの間にか値段が上がっているものが沢山ありますね💦一方で、ユニクロや無印良品が一斉に価格を下げたことは記憶に新しいです。 モノの値段が上がること。モノの値段が下がること。みなさんはどちらがインフレで、どちらがデフレか、すぐに答えられますか❔(以前クラマネでもお伝えしましたね!)...
自由か?不安定か?ギグワーカーという働き方

自由か?不安定か?ギグワーカーという働き方

ギグワーカーという働き方をご存じですか❔ ネットなどのプラットフォームを通して単発の仕事をする働き方です。日本ではウーバーイーツの盛り上がりで注目されるようになりました。 中にはデザイナーやコンサルタントなど裁量性の高い仕事もありますが、どちらかというとウーバーイーツ(チャリ)のような、業務の内容や価格は決まっているが「雇用ではない」という新しい働き方がイメージされます。...
『公定歩合』は死語?

『公定歩合』は死語?

教育のデジタル化が進み、いよいよ小学校で実際に一人1台パソコンが整備され始めました。 環境だけでなく、内容も私たちが昔学んだことと変わってきています。『公定歩合』という言葉がもう教科書にないことはご存じでしたか❓❕(なんと!?)   記載がなくなったのは2006年なので、ほとんどの方は中学の教科書で「公定歩合」が太文字になっていた記憶があるでしょう。...
ユニセフ募金のチラシから学ぶ!

ユニセフ募金のチラシから学ぶ!

「すべての子どもに、□を。」というユニセフのチラシが学校で配られているようです。お子さんをお持ちの方はご覧になりましたか❓チラシで募金袋を作り、学校に持っていくとユニセフを通して病気や栄養不良などに苦しむ世界の子どもたちに寄付できるというものです。 「はいはい、募金ね」なんて思わず、しっかり目を通すと、学べることがたくさんあります。 例えば… ○寄付って何?「募金」を通して自分のお金がどう使われるのだろう?例えば、90円の寄付は、栄養治療食3袋分になるみたい。お菓子🍫を1つ我慢したら、誰かが助かるかも。...
円・ドルダービーで遊ぼう

円・ドルダービーで遊ぼう

以前、円安・円高についてお伝えしました。 為替の変動は、景気や金利、金融政策など様々な要因が関係するため予測はプロでも難しいといわれます🤔 だからこそ、円高ドル安・円安ドル高、今どちらでこれからどちらに向かうか考えることは、経済に目を向けるきっかけになるでしょう。 例えばコロナで経済が不安化した矢先は、安全資産の円買いが進み円高ドル安に⤴️。一転、ワクチン接種などから回復期待が高まり米国長期金利が上向いたことで、先日まで円安ドル高に振れました⤵️。...