新聞に「パートらの厚生年金加入、企業規模要件を撤廃」という記事がありました。現在はパートなどを厚生年金に加入させなければいけないのは「従業員101人以上」の企業に限定されています。これが今年10月から「51人以上」に変更され、今後は人数要件を撤廃する方針を決めたとのこと。

雇用側は、パートやバイトも社保に入れなければならないため負担が増え、「安く人を雇える仕組み」がなくなります。バイトの多い飲食店や美容院などは大幅な負担増になり、体力のある企業に淘汰されていくでしょう。

働く側は、勤め先の規模によらず労働時間等の条件を満たすと扶養を抜けなければならなくなります。「扶養を抜けて手取りが減る…」「扶養の範囲内なら働く時間を減らさなければ…」と気にする方が多いですが、もう一面では「会社側から社保を払う価値のある人材と判断されるか」という問題も。

企業側も、労働者側も、今後は「大きな“ふるい”」にかけられていくでしょう。それもかなり“目の粗い”ふるい。ピンチでもあり、チャンスでもあります。あなたは、何を思い、どう動きますか?